So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

家事かいえのことかどっち? [日記]

[晴れ]

「おとうさん、今日から半袖で行っていい?」
「天気予報では27℃か・・・」
「無茶、熱いよ!数名は半袖だけど」
「半袖でいいんじゃない?」
「よっしゃ!」と喜んで学校に行く孝太。
「雄祐も半袖?」
「長袖とセーターに制服で行く」
「熱くない?」
「大丈夫!」

先日知人から
「家事は手伝ものですか?それとも家事はいえのことで一緒にするものですか?」と
聴かれ
「今は、家事はいえのことで一緒にするものだと思います。でも妻がいた時は
手伝うものだと思っていました。しかし、家事には終わりがないと思い知らされ
ました。誰か手伝って!と言いたくなるが誰も手伝ってくれない。仕事なら
部下や同僚にヘルプしてもらったり出来るが家事にヘルプがなかった」
そんな経験をしたから家事はいえのことだと思うようになりました!
妻がいる時に一緒にやれば良かったと、今更ながら後悔でした。
「なるほど!」と頷かれていまし。

にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


シングルパパランキング
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:育児