So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

2月が始まった [日記]

2月は非常にタイト。15日が女房の命日でそれが勿論メインである。
その前に祖母の7回忌にPTAの広報誌発行の準備に大切なマンションの売却・・・・タイトです。

仕事も来期に向っての会議やテーマを決めなければいけない。毎年のことだがこれが大変で・・・。
それに「トラウマ」の2週間が始まったので、さえない気持ちをもって過ごさなければいけない。今日も友人と電話で「もう4年目ですか・・・あの時は雪降ってましたね。覚えていますよ」と・・・。「入院したのが1月31日で癌宣告されたのが2月3日で亡くなったのが2月15日。毎年思い出すこの時期は・・・」と言うと「そりゃそうですよ・・・」と・・・。最後に「あまり無理しないでくださいね」と言われた。

仕事あっての家庭。家族あっての仕事・・・どちらが正しいのだろうか?女房が亡くなる前のように仕事が出来ない・・・無茶苦茶ストレスが溜まる。エンジンを積替えたつもりだが・・・ストレスが邪魔をする。
いろいろ考えさせられる「2月」である。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児