So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

おばあちゃんの誕生日 [日記]

今日はおばあちゃんの誕生日[バースデー]。77歳のおばあちゃん。
孝ちゃんと雄祐で「かりんとう」「田舎もち」をプレゼントに。「はい、おばあちゃん」・・・・
私の母親で、女房が亡くなる1年前に父親は亡くなった。悲しいことが続いたので少し元気ない。
女房が亡くなった時は何かと電話をしてくる。近所付き合いが多い母親。小さい時から家に帰ると必ず近所の誰かが家にいるような家庭で育った。必ず近所の方の目がいつもついて回る・・・・(笑)
なので実家に帰ると近所の方にいろいろと聞かれるので、答えるが嫌になって実家には寄るが素っ気なく帰った。「悪いけれどほっておいて・・・」と思っていた。1年半ぐら経ってからようやく母親と普通に話せるようになった。今は蔵馬、雄祐が1ヶ月に2度ほど泊まりに行く。母親はそれが嬉しい。
雄祐は別に「おばあちゃん長生きしてね・・・」とか「元気でね・・・」とか一切言わない。ただ傍にいるだけが雄祐は居心地がいいようで、母親もそれを理解しているのでいてくれるだけで嬉しい。
いつも母親に言われる。「お母さんいないけど明るいしいいわぁ。それがなにより」・・・・
おばあちゃんお誕生日めでとう[exclamation×2]

人気ブログランキングへ