So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

先生・・・ [日記]

雄祐の幼稚園時代に担任の先生が自宅にお参りに。
雄祐は先日小学校で会ったようで、照れた様子もなく何時も私には見せない笑顔で先生と話しています。
先生自身、初めての担任が雄祐で、初めての卒園生も雄祐です。そのためすごく印象があるようです。
若いのにしっかりされています。いつも気にかけていただいてありがたいです。

雄祐はマンションのガレージで縄跳びをしたり、自転車を乗ったりで先生に見てもらいたかった・・・いや何時も誰かに見てもらいたいと思っているようです。先生とも「ここが行き届かないのです・・・」先生と生徒の関係は私には羨ましく思えた。

雄祐の気心許せる方がここにもおられた。
DSCN0846_convert_20110219200912.jpg

孝ちゃんも保育園を休み雄祐の横に。雄祐と先生が話ししていると割り込みます。雄祐に「黙って・・・」と言われて・・・。でも孝ちゃんめげずに「先生・・・・」。孝ちゃんもアピールしたい・・・・。孝ちゃんも甘えたいよね。

今日も雄祐の友達の母親がお参りに来ていただく。

人気ブログランキングへ