So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

まさか・・・ [日記]

3回忌の法要は終ったけれど命日を迎えて3回忌だと思っている。2009年2月14日土曜日のPm4:30に京大病院から「様態が急変しました」と連絡があり病院に駆けつけた。Pm3:30まで病院にいて「バイバイ」って言って帰ったのに・・・
病院に行くと「集中治療室」で心臓マッサージ。ドアを開けるなり「フミ~!!」と叫んだ。その後心臓は蘇生した。人口呼吸器をつけて部屋を移動。そこで子供たちは最後の対面。
先輩や友人に病院まで駆けつけてもらった。誰も翌日に逝くとは思ってもいなかった。家族待合室に先輩は「泊まって行く」と・・・。また友人は「蔵馬と雄祐」を連れて帰ってもらった。何故なら翌日にその友人の家でたこ焼きパーティーをする予定だったから。「もし、何かあったら何時でもいいし電話して」と言い残し子供たちを連れて帰ってもらった。

今でも鮮明に甦る。まさかすぐに亡くなるとは・・・・何の反応も無かった。夕方に逢ったのが最後で「バイバイ」が最後の会話になるとは・・・・。心拍数が30になりその後ぐにブザーが鳴った・・・・・。あっけない最後だった。何も出来なかったし、後悔もあったけれど悲しむ時間もなく先輩や友人に連絡し・・・時間は刻々と進んで行った。

人気ブログランキングへ