So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

「家」と「家」 [日記]

昨日は先輩がお参りに来られた。「法要までに行きたいので」と言う事で昨日に。
ありがたいのですが片付けないといけない。これが本当に大変。土曜日も雄祐の友達の母親が来られる。
今日の法要終ってから掃除をしなければ。

一区切りで出来ることは前向きにチャレンジしてきた。でもスムーズに行かないのはフミコの家との関係。
家と家は難しいと女房が亡くなってからわかった。「家」の繁栄って何・・・・?「家」の衰退って何・・・・?
考えさせられる。いつも「○○家」ではと言われてきた。例えば冠婚葬祭も「○○家」では・・・・と良く言われた。また義理の父が存命の時は嬉しそうに「家」のことを言われた。まさに誉れに。結婚する時に「ツトムさん義理の父母も実の父母のように思って」と言われた。ご先祖を大切に、仏さん、神さんを大切にされていた義理の父。女房には姉と兄がいるけれど女房が一番「家」のことの意識が強かった。姉、兄は思いがなかったのか・・・何か違う。義理の父の思いなんか欠片もない。京都独特に「家」である。子供は孫だが私は他人。今日で少し開放させてもらう。

今日はかなり冷え込むようだ。そう言えば通夜も雪だった。

人気ブログランキングへ