So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

お母さん恋しい [日記]

次男、雄祐が今まで口にしなかったことを口にする。「お母さん・・・」。
神戸異人館に「夢が叶う椅子」があるとTVで。「お父さん、オレが坐ったらお母さん甦るのかなぁ・・・・」と照れ笑いで。「お父さん、黒木メイサかお母さんどちらが好き?」「お母さん」と言うと「やっぱり」。お母さん2月3日が誕生日やなぁ・・・。
お母さんが沢山出てくる。今までほとんど口にしなかった雄祐が・・・・。

雄祐は幼稚園年長で母親を失った・・・・。本当はもっと泣きたかったんだよね。でも蔵馬が大泣きしていたから泣けなかったんだよね。私は絶対に忘れない雄祐のあの顔を・・・・。大泣きしたいけど、大人が泣くように我慢して泣いていた顔。自分は泣くまいと思っていたんだろう。お母さんに逢いたいよなぁ・・・雄祐・・・・。

一番私に似ている。顔も行動も・・・・。だから一番気になる。雄祐の進む道が・・・・。雄祐と一緒にいた時は私を感じていたようだ。フミコは言っていた。
雄祐、いつもお母さんは見守ってくれている。でも雄祐より蔵馬が心配って。雄祐、孝ちゃんのこと頼むって!!
雄祐、天真爛漫でいてね・・・ってきっとお母さん言ってるよ。雄祐・・・

人気ブログランキングへ