So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在20歳、15歳、11歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

出版されることになりました [日記]

プライベートblogを書き始めたのが妻が亡くなり2週間後。
そして1年9カ月後、このblogを「代表取締役主夫」をUPした。
2013年10月20日に代表取締役を辞任し退職。1年間専業主夫に。
そこから「父子手帳 代表取締役主夫でした」に変更した。

いつか本になると思っていたが、そんな簡単ではない。
出版関係の方に「blogの記事では本にはなりませんよ。まとめないと」と
アドバイスをいただいた。

妻が亡くなった2009年から2017年までをプライベートblogの記事
を中心にまとめ原稿用紙381枚に書いた。
妻が癌宣告を受けたところから亡くなるところまでが書けない。
完全に止まってしまった。が半年後に一気に書き上げた。
ご縁があり「ぱるす出版社」から出版していただくことになった。
いろんなことが詰まった死別父子家庭の日常です。勿論3兄弟の子育てが
中心です。
「大変ですね」「波乱万丈の人生ですね」「激動ですね」と色々言われたが
全てがドラマだった。

題名は「シングル父さん子育て奮闘記」。2019年1月20日発売予定。
[次項有]amazonで購入できます。(今は予約だけですが)


にほんブログ村 子育てブログ シングルパパ育児へ
にほんブログ村


育児ランキング
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

nice! 8

コメント 4

拳客

拝読させて頂きます。
by 拳客 (2018-12-30 17:26) 

cincy

拳客さまありがとうございます。妻を亡くして昨年までの8年間の記録です。宜しくお願いします。
by cincy (2018-12-30 19:46) 

Rinko

予約いたしました。私も拝読させて頂きますね。
by Rinko (2019-01-07 08:25) 

cincy

Rinkoさん、ありがとうございます。リアルですよ
by cincy (2019-01-08 22:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆