So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

やっぱり思い出す [日記]

2年たっても鮮明に思い出す。仕方がないのか・・・。未だに京大病院には行けないし・・・・。
昨年のブログを見るとフミコとのメールのやり取りをコピーして貼り付けている。読むと結構リアルで未だに涙が出てしまう。
「家」と「家」で言うと社交的な家と閉鎖的な家。本当に好対照である。フミコは亡くなる4日前に母親に報告した。癌とわかってから「お母さんにもお姉さん、お兄さんにも言わないで自分で言うから」・・・・。
私は家族ぐるみで付合いしてる方が多いので、フミコの調子が悪いことも言っていたのでみなさん心配されていた。
癌を宣告された夜に先輩に電話して報告したが、泣いてしまい伝えれなく8名の方にメールで知らせた。
すぐに返信が来た。「絶句・・・」「頭が真っ白」「・・・・」など・・・・。
フミコにメールのことを伝えていたので私のメールを「激励メール」として読んでいた。普段あまり感心されたこともなかったが「私には出来ないこのまめなこと・・・」と笑っていた。
寝る前にいつもフミコとメール。その内容をブログ(プライベート)には貼り付けている。きついことも書いているしそれを受け止めるフミコの気持ちが現れている。13日の夜が最後であった。14日はしんどくてメール出来なかった。14日の朝は「おむつ」することを拒んでいた。夕方に1時間いて帰った「また明日。バイバイ」と言った言葉が最後だった。2009年2月15日のAm0:30でフミコは逝ってしまった。

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0