So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

お世話になりっぱなし [日記]

土曜日に雄祐の幼稚園時代の保護者の方が自宅にお参りに。
それぞれに女房が亡くなったことがすごくショックだったと・・・・。亡くなる1ヶ月前にはまだ幼稚園の送り迎えをしていた女房。1月20日から「自転車がこげない」と言い出した。「えぇ・・・」と私はその時に異変に気づいた。それまでは漢方薬で治療していた。詳しくは聞いていないが自分の幼い頃から通っている内科からの紹介で「漢方薬」で治療する病院に通院していた。漢方薬を飲めば胃がスッ~としていと思う。何度か病院にも送って行った。
でも「自転車こげない・・・」と言われたときはショックだった。でも癌とは私も本人も思いもしなかった。

私が何度か幼稚園まで雄祐を送っていった。担任の先生からまた友人の親からは心配そうに「大丈夫ですか?」と聞かれたけれど、その時は大丈夫ですとしか言えなかった。

亡くなった時はどんな流れで連絡網に乗ったかは私自身解っていないし、覚えていない。だた友人の娘も同じ幼稚園で同じクラスだったので・・・。

ちょうど幼稚園の卒園と小学校入学が迫っていた。その間沢山の方が雄祐の事でお世話いただいた。私も結構ですとは言わず甘えた。自分の子供のように接していただいた。本当に助かった。
今でも3名ほどの方とメールのやり取りをする。学校での解らないことや、雄祐の近況などを聞く。

沢山の方にお世話になりっぱなし。何時も甘えさせてもらっています。

DSCN0814_convert_20110213232429.jpg

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0