So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

癌の宣告から・・・・ [日記]

毎日慌しい日々を送っている。もう2年になる・・・・2年前は寒空を見上げ「いつまで洗濯するのかなぁ~」と一人でぼやいていた。まさか・・・ずっ~とするとは考えもしなかった。

癌宣告から12日間で亡くなったフミコ。余命ってあってないような気がした。でも完全に末期だったんだなぁ・・・・。
2月6日に京大病院に転院。その前に1度自宅に帰ってきた。携帯用の酸素をして・・・。それが家族全員で過ごした最後の日であった。蔵馬は感じていた。雄祐は何か違和感があり、孝ちゃんは近づかなかった。フミコは3人の息子に「お母さん必ず元気で帰ってくるから・・・・」と伝え1時間だけ一緒に過ごした。それが子供たちとの再会であり最後の姿であった。
そのまま子供たちと病院まで送った。子供たちはそれぞれに口にした。蔵馬は「やばいなぁ・・・お母さん」と一言。雄祐は「何時帰ってくるのかなぁ?」と・・・・。

2年経って普通に話せるようになった。でも昨年もそうだった命日に向ってのカウントダウン。すごく怖い・・・・。
完全に甦るあの時のことが。毎年思い出すのかこの気持ち・・・・。

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0