So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在21歳、16歳、12歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

迫ってきた・・・ [日記]

1週間が始まった。いつもどおり朝から戦争状態。Am7:30~がもう大変。「雄祐、ハミガキ・・・」「孝ちゃんもハミガキ」でもデジタル2ch(教育TV)を見てるので全く動かない。「早く!!」。行くよ・・・「お父さん待ってウンチ」と雄祐が・・・。先に行くしゴメン!!

孝ちゃんは日曜日に散髪して少しだけサッパリ。雄祐は夕方から[野球]練習で、蔵馬は塾へ。
私は取引先のホテルで業者会。雄祐、孝ちゃんは会社に預かってもらい久々に出席。着座で隣の席は青年会議所でお世話になった後輩の会社の部長さん。話が弾みいろいろお話をさせていただき勉強させて頂きました。ありがとうございます。

今週が3回忌の法要。参加いただくのは親族を入れて20名。フミコの母親は結局欠席で・・・・。子供ちは聞くと思います。「おばあちゃん何故来ないの・・・・?」って。嫁がした身なので家としては長男が行きますと・・・・。
がんとしてその言葉だけ。複雑な気持ちは察しますが今回で1と区切りでたぶん疎遠になると思います。もういいやぁ・・・とかなり投げやり。女房の件で「家」と「家」の関わり方は難しく複雑で・・・・。ただいつも「私たちの気持ち」はそこにはないような気がする。「人」の繋がりを大切にする「家」と「格式」や「プライド」「世間てい」を大事にする「家」の違いはかなり距離がある。「家」と「家」の潤滑油だったフミコがいなくなってから知らぬ間に出来た大きな溝。仕方ないのかなぁ・・・。

迫ってきた命日が・・・。あと1週間で来る。正直「怖い」と感じている。昨年もそうだったなんとも言えない感じがする。毎年感じるのかなぁ・・・・。

人気ブログランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0