So-net無料ブログ作成
検索選択
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で・・・。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思いました。後悔したくないので。 子どもたちは現在19歳、14歳、10歳になった。子育てをしてるが、実は子どもたちに「親育て」をさせてもらっています。「育児」は「育自」と思っています。「育メン」いや「ガチメン」。毎日が「ドラマ」で毎日が「経験」。そんな父親の「子育て日記」をご覧ください。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

家事と子育ての両立に再挑戦 [日記]

4月から完全に社会復帰。変則だがフルタイム。
孝太が5年生になったこともあり、自分で出来るようになった
ことは大きい。それと蔵馬が高知に行ったことで雄祐、孝太に
自覚が出来たのか、自ら進んでいえのことをしてくれる。

主夫5年目を迎えた頃に
「あまり子どもたちにがみがみ言わない」とベテランのお母さんに言われた
「子どもにとって家はやすらぐ場だから」と言われてから
いえのことを強制でお願いしなくなった。私が夜遅くなるときは
洗濯物を入れてたたんでくれる。そんなことをママ友に言うと
「それでOKじゃないですか!」と言われた。
おまけに雄祐はご飯が炊けて味噌汁も作れる。それも助かる。

帰宅が遅くなり料理出来ないときは、友人のラーメン屋「塩見家」に行ってもらう。
専業主夫したおかげで料理は少し出来るようになったし、少しは段取りよく
いえのことが出来る。子どもの傍にべったりといなくてよくなった。
家事と子育ての両立に再挑戦する

人気ブログランキングへ  


にほんブログ村
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆