So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在19歳、14歳、10歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

ついに反抗期ぶち切れ!!パートⅡ [日記]

「何でもオレ?」
「弟をいじめるな。罵声を浴びせるなぁ!」
「はぁ?孝太がいらんこと言うからとちゃうの!オレばかり言うな!」
ストレスが溜まっているのはあきらか

言いたいことを吐き出す。しかし興奮しすぎて寝れない雄祐(笑)
朝は起きれないし「おはようも」も言わない。

孝太は雄祐に怒られると思っていつもより早く学校に行く(笑)
ママ友に「反抗期あるのが普通ですよ。ないほうが怖いですよ」と言われた。
夫婦ならどちらかが怒り、どちらかが宥めるのだが如何せんシングルの身。
怒った後に宥めることは出来ないのが現実。いかに平常心で雄祐と接するかが
大事だが、なかなか平常心になれない。

1日もすれば普通に話をするが、「ごめん」と言わないので自分に非があると
思ってない雄祐。反抗期の対応は難しいなぁ~


人気ブログランキングへ  


にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆ ロフトネットストア