So-net無料ブログ作成
ご訪問いただきありがとうございます。このblogは父親が子ども3人を育てる「子育て日記」です。 2009年2月3日に癌を宣告された女房。余命数か月と言われ12日後の2月15日に逝ってしまった。 心の準備もなく、最愛の妻と大好きなお母さんがいなくなった。小学5年生、幼稚園年長、2歳の子ども3人を遺し。無念だったと思う。2006年4月に会社の代表取締役に就任し仕事、仕事。家事なんてしたことない。まして料理なんて。泣きたいとか、辛いとかいう間もなく次の日から「代表取締役主夫」になった。 会社はじめ、友人、学校、地域の方々にお世話になりリズムある生活を過ごしてきました。が、2013年10月20日に「代表」辞任し会社を退職しました。会社も子育ても片手間では出来ない。周りの方々には「上手にすれば・・・」と言われましたが「上手に出来ない」のが性格で。母親の顔、ぬくもり、匂いを知らない3男。今、傍にいることが必要だと思い1年間専業主夫に。 子どもたちは現在19歳、14歳、10歳になった。仕事と家事子育の両立。「子育ては親育て」で「育児」は育自」とママ友に教わった。「育メン」ではなく「ガチメン」。毎日がドラマと思った時から全てが変わった。そんな父親の「子育て日記」をご覧くださいませ。ご訪問ありがとうございました。 登場人物:蔵馬(くらま)・雄祐(ゆうすけ)・孝太(こうた)・アイスのおばあちゃん(祖母)

お父さんからおとうさんになりました [日記]

3月20日(日)日本助産学会第30回学術集会のシンポジュウムと
市民公開講座に登壇する。
市民公開講座の演題は「お父さんからおとうさんになりました」。
「えぇ?どういうことですか?」と言われる。

妻を亡くし4年8か月「代表取締役主夫」をしてきた。沢山の方々に
支えられながら毎日過ごして来たけれど二束の草鞋は無理だった。
完全に上から目線で、どこかで結果を求めていた子育て。子どもたちに
とっては何処か距離感のある「お父さん」だったと思う。

しかし、キャリアすて子育てを優先した。一緒にいる時間が増えた。
目線はだんだん下がり、ママ友と同じ子育ての悩み。
「あぁ・・・お母さんと同じ目線になってる」と思った。一緒にいる時間
が増えたので「癖、表情、仕草」がわかるようになった。向き合うことで
子どもたちとの距離が縮まった。いま、子どもたちを愛おしく思えるし、
何処かで許せるようになった。威厳のある「お父さん」からひらがなの「おとうさん」
になったような気がする。

人気ブログランキングへ  


にほんブログ村

nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 7

コメント 4

たかの

ああ そのような「お父さん」→「おとうさん」なのですね。素敵です。素晴らしいです。そういう目線や気づきは私の勤務先(福祉施設)でも必要不可欠なことですし、ぜひ自らの気づきと変化で起こってほしい愛しさです。痛切な叫びであり切実です。 明日cincyさんご自身と、cincyさんと過ごされる皆さまの時間が楽しみでなりません☆
by たかの (2016-03-19 06:58) 

cincy

たかのさんコメントありがとうございます。「えぇ?」と思われます(笑)この7年間の自分自身の変化と「向き合うこと」が大事だと言うこと。それは子育てだけではなく、人間関係や社員教育にも通ずると思います。
by cincy (2016-03-19 07:10) 

さうざんバー

明日の学会に参加します[exclamation]
明日会えるのを楽しみしてますね[るんるん][わーい(嬉しい顔)]
by さうざんバー (2016-03-19 20:46) 

cincy

さうざんバーさんありがとうございます。宜しくお願いします!!
by cincy (2016-03-19 23:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆ ロフトネットストア